立地や予算も考えながら不動産を探そう

エコでお得に住もう

住宅を建てるときや施工をするときなどには住宅エコポイントという制度を利用するとお得に施工を進めることができます。エコポイントはその時の工事の割引に使える場合や名産品などと交換することもできます。

» 詳細を確認する

仲介手数料を知る

そもそも仲介手数料は誰が払うものなのか

賃貸住宅に入居する場合、入居時には家主に敷金や礼金等を支払うほか、物件を紹介してくれた不動産業者に仲介手数料を支払うのが通例となっています。これはほとんどどこの不動産業者でも同じですし、また金額も家賃の1か月分と、これまたどこも一定しています。 ただ、法律の定めるところによれば家賃の1か月分というのはあくまでも仲介手数料の総額の上限であり、この上限内であれば家主と入居者が共同して負担することもできるとされています。ということはつまり現在の一般的な仲介手数料は、上限いっぱいの額を入居者のみが負担しているということになります。 この慣行は、今より住宅事情が悪かった頃に根付いたものです。つまり、「住めるだけでもありがたい」という時代が長く続いたため、入居者側が全額負担するのは当然という風潮があったのです。

仲介手数料が無料になる物件とは

しかし最近では事情が変化してきており、賃貸情報サイトなどを見ていると「仲介手数料無料」と表示されている物件を目にする機会が増えてきています。 仲介手数料無料物件とは入居者側が仲介手数料を支払わなくていい物件のことです。つまりこれまでの慣行とは逆に、家主側が仲介手数料を全額負担しているのです。言うまでもないことですが賃貸住宅は空き家のままでは収益がまったく発生しませんから、家主としては仲介手数料無料という特典を付けることで入居者を集めやすくしているのです。もちろん不動産業者の方も入居者が現れなければ商売になりませんから、仲介手数料無料物件を取り扱うことに異存はないというわけです。 また最近では、家主と入居者が均等に負担する「仲介手数料半額」物件というタイプも登場しています。今後は一律の取り扱いでない、多様なタイプの物件が増えていくものと予測されます。

将来的な売却を考える

中古で物件を購入して不動産投資をしていく場合は、将来的にいつでも売却できるように不動産を管理しておく必要があります。今後も不動産価値は上昇していくと言われていますが、焦らずにしっかりと検討しながら考えることが大切です。

» 詳細を確認する

ページのトップへ戻る